2013年05月05日

『東京スタイルみそラーメン ど・みそ ららぽーと豊洲店』@豊洲〜もっと味噌を!!豊洲スタイルの(?)あっさり系な「みそこってりらーめん」〜

ちょいと豊洲にあるスーパー『サカガミ』へ行ってきました。

目的は我が家で食べている島根県産の「仁多米(5kg)」の特売。

都内のスーパーで「仁多米」を取り扱っているところは少なく、この豊洲の
『サカガミ』は「仁多米」を入手できる貴重なお店のひとつなんです。

そのついでに近くの『ららぽーと豊洲』へ立ち寄りお昼ご飯を。

GW真っただ中ということで、多くの人出で賑わっていました。

午後3時過ぎだというのにどこの食べ物屋さんも行列だらけ。

その中で今回入ったお店は


東京スタイルみそラーメン ど・みそ ららぽーと豊洲店


というラーメン屋さん。

京橋に本店を構え、東京では『ど・みそ』名義で八丁堀や町田、
はんつ遠藤さんとのコラボメニューを提供している人形町の『げんまん』
など色々なコンセプトとアイデア・メニューで店舗展開している都内屈指の
味噌ラーメン専門店です。

京橋にある本店には何度も足を運んでいますが、こちらの豊洲店はお初。

5月の日祝限定メニューとして「肉つけそば」(\850)なるメニューも販売して
いましたが、初訪問なので基本のみそこってりらーめん」(\780)を注文。

店内はカウンター席と対面式のカウンター席(テーブル席)が並んでいる面白いスタイルです。
ただ、厨房に比べて座席の照明が薄暗いのが気になるところ。

卓上に備え付けのスパイスの七味と山椒は本店と同じ。

待つこと10分少々。
ワタシの注文した「みそこってりらーめん」が出来上がりました。

東京スタイルみそラーメン-ど・みそ-ららぽーと豊洲店-みそこってりらーめん.jpg

茹でモヤシにコーン、ニラ、海苔、などの具をのせ、背脂を浮かべた
スタイルはここ豊洲店でも変わりません。

まずはスープを一口。


ん、ちょっと薄い?


京橋の本店で食べたときにいつも感じる味噌の主張がやや弱く
感じられました。
『ど・みそ』の命でもある味噌の風味が弱く、無難な味噌ラーメン的な
味わいに。

これは単なるブレ?
良い意味で捉えれば大型ショッピングモールという場所柄、
万人に食べやすいように敢えて味噌の主張を抑えているという考え方も
できるのですが・・・。

いずれにせよワタシの知っている『ど・みそ』の味からは、
少しズレを感じる一杯でした。

回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回

■店名:『東京スタイルみそラーメン ど・みそ ららぽーと豊洲店』

■住所:東京都江東区豊洲2-4-9

■電話:03-6910-1557

■定休日:無休

■営業時間:11時〜23時(L.O.22時30分)

※店舗情報は記事掲出時のもので変更になる場合があります。
ご了承下さい。

回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回

【必見】むねやけ六郎おすすめ!お取り寄せラーメン!


ブログ村バナー 其の壱.jpg ρ( ̄∇ ̄o) コレ
ブログ村ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m

br_decobanner_20101111004751.gif ρ(・д・*)コレ
人気ブログ ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m






お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 01:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

『あひるのパン屋さん』@木場〜そのフワフワ感は「玉子パン」の常識を覆す!マジで天使な味と食感の「玉子パン」〜

皆さんは、朝は米食派ですか?それともパン食派?


ワタシはどちらかといえば米食派です。

もっと正確に言えば米食or麺食です。(笑)

朝から、うどんやラーメンなどを食べる日も珍しくありません。

朝はそんな食生活ですが、昼や間食には割とパン食のケースが 多かったりもします。


今回は、そんな中途半端なパン好きのワタシお気に入りのパン屋さんを
ご紹介します。

場所は
江東区木場の木場公園近く。

三つ目通りから一本入った裏路地にあります。

その名も、


あひるのパン屋さん


ん〜何とも可愛らしい店名。(*´∇`*)

あひるのパン屋さん 店舗外観.jpg

店名も可愛らしいですが、お店の看板にもこれまた愛らしい
アヒルのイラストが♪

これは色鉛筆画で活躍されている今村幸治郎さんという画家の方が
描いたものだそうです。(・ロ・)

あひるのパン屋さん あひるの看板.jpg

こじんまりとした店内には、たくさんのパンが所狭しと棚に並んで・・・
はいません。(笑)

棚にはポツポツと出来上がった何種類のパンが数個づつ並んでいるだけ。

見事なまでの少量生産です。オオーw(*゚o゚*)w


おじさんがひとりで切り盛りしているせいか、たくさんの種類・数を
作れないのかもしれませんね。
(ちなみに、おじさんはアヒルには似て・・・いませんよ。(笑))


そのためタイミングを逃すと売り切れ終了、シャッターが閉まっている
なんていうことも。


営業時間や定休日もはっきりしておらず(一応11時30分〜売り切れ終了。
日曜祝日定休らしいのですが…)、実際ワタシも何度かシャッター状態
に出くわしています。Σ(T□T)


それゆえにワタシの中では営業時間・定休日不定の“幻のパン屋さん”として
位置付けられています。


この日は偶然にも(?)営業しているのを見かけたので「チャ〜ンス♪」と思い突入。


12時過ぎでしたが、棚にはピザパン・クロックムッシュ・フルーツデニッシュ・
玉子パンぐらいしか並んでおらずスッカスカな状態。(^▽^;)


過去に食べてその美味しさに感動した「ぶどう食パン」や
「こくまろカレーパン」を狙っていたのですが、今回は売り切れたのか
作っていないのか棚に見当たりませんでした。( ̄Д ̄;) ガーン


そこで今回は未食の「玉子パン」と「フルーツデニッシュ」・
「クロックムッシュ」を買ってみることに。


既にお腹がグーグー鳴りぱなしだったので、我慢できずその場で
「玉子パン」(¥140)を いただいちゃいました♪


あひるのパン屋さん 玉子パン.jpg

ハムッとかぶりついた瞬間にまず驚かされたのが、


玉子フィリングのフワフワ感


まるで滑らかなムースやホイップしたての生クリームのような舌触りです。

そんな異次元の食感に加えて穏やかな玉子の甘み、
そしてマヨネーズのコクと
ほのかな酸味が舌にパッと広がります。

もちろんパン生地も柔らかで、フワッフワの玉子フィリングとの相性・バランスは
絶妙の一言です。

今までこんなに美味しくてふんわりとした食感の玉子フィリングを使った
玉子パンは食べたことがありません。

これはちょっと感動モノですよ。w( ̄△ ̄;)wおおっ!


その美味しさに感動したワタシは、お土産用に追加でもう2つ買って しまいました。(笑)


いっそのこと「玉子パン」なんて、ありきたりな名前ではなく、

天使の玉子パン

もしくは

雲の玉子パン

なんて名前にしたらどうでしょうか?


このパンが何曜日の何時頃に焼き上がるのかは未確認ですが、
もし 棚に並んでいるのを見かけたら是非食べてみてください。


玉子フィリングの異次元のフワフワ感と美味しさに
きっと驚かされるはずです。

 

回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回

■店名:『あひるのパン屋さん』

■住所:東京都江東区平野3−2−10

■電話:03-3641-9603

■定休日:日曜祝日が定休日らしい?

■営業時間:11時30分〜売り切れまで

※店舗情報は記事掲出時のもので変更になる場合があります。
ご了承下さい。

回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回

【必見】むねやけ六郎おすすめ!お取り寄せラーメン!

?ブログ村バナー 其の壱.jpg 
ρ( ̄∇ ̄o) コレ ブログ村ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m

br_decobanner_20101111004751.gif 
ρ(・д・*)コレ
人気ブログ ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m

 
お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 23:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | お菓子&甘いもの系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

『ラーメン 巓(いただき)』@葛西〜家系来たぜ!イェイ♪の巻〜

ああ、久しぶりの更新すな〜。

べ、別にサボってたワケじゃないんだからねっ!

とまぁ、ツンデレ感をかましつつ。

正直仕事が忙しくて、なかなか更新ができずにいました。

4月あたりからちょっとだけ余裕ができそうなので、少〜しづつ
更新していく予定です。(ネタは溜まってるんですよ)


さて、今回は情報だけで申し訳ないのですが、我が街「葛西」に
3月25日に新しいラーメン屋さんがオープンしたようです!
屋号は


ラーメン 巓(いただき)』


場所は葛西橋通り沿いで浦安橋寄り。
近くに『あゆむ』や『二代目 龍』などのラーメン屋さんがあるあたりです。

先日、件のラーメン屋さんの前を通りがかったら既に外装や
内装工事がほぼ終わっている様子で看板もあり、間違いなく近日中に
オープンするであろう感じでした。

ワタシの勝手な予想で4月頭頃にオープンするんじゃないかなぁ・・・と
思ってたんですが、「超らーめんナビ」の情報によれば3月25日に
オープンと掲載しているじゃありませんか。

しかもネットの情報によればご主人はアノ『六角家』の出身だとか。
そういえば看板にも、ちょこっと「家系」って書いてあったけ。
でも屋号に「家」を付けていなかったんで、家系インスパイアかな?
と思っていたらガチな家系ラーメンだったんですねぇ。

さらに濃厚豚骨醤油味で麺は酒井製麺の太麺を使用しているとか。

環七通り沿いにある『江戸川ラーメン 角久』に次ぐ(?)豚骨醤油系の
ラーメン屋さんの登場ですね。

いや〜、気になります♪

近日中に実食してきますんで、レポートにご期待下さい!!
(あ〜、この前外観だけでも撮影してくりゃ良かったなぁ・・・)

 

【必見】むねやけ六郎おすすめ!お取り寄せラーメン!


 ブログ村バナー 其の壱.jpg ρ( ̄∇ ̄o) コレ
ブログ村ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m

br_decobanner_20101111004751.gif ρ(・д・*)コレ
人気ブログ ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m


お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 00:07 | 東京 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

『らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店』@京橋〜冬こそ味噌ラーメンの美味しい季節!その美味しさは2割増!?〜

超〜久しぶりに京橋にある


らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店


へ行ってきました♪


以前、有楽町にある某グルメサイトを運営する会社に勤めて
いた際、ランチタイムによく足を運んだラーメン屋さんです。


今でこそ都内に味噌ラーメン専門店は多く見かけますが、その中でも
こちらは味噌ラーメンにおいて都内屈指の実力店と言えるのでは
ないでしょうか。


最近では11月に豊洲の『ららぽーと』に新たな支店をオープンし、
『ららぽーと豊洲店』だけの限定メニューを発売するなど、精力的な
店舗展開と新メニュー開発が目立ちます。


今回、京橋本店の訪問は久々なので看板メニューである
みそこってりらーめん」(750円)をいただきました。

らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店 みそこってりらーめん.jpg

スープは豚骨ベースのダシにオリジナルの味噌ダレを合わせたもの。
こってりバージョンではスープ表面にたっぷりの背脂を浮かべてあります。
“こってり”という名前ほどしつこさはなく、むしろ背脂由来の甘みが
スープの旨味をより一層引き立てているように感じられました。

スープを一口飲めば、骨太な豚骨の旨味を下支えに味噌の芳醇な
風味が口の中一杯に広がります。(*^O^*)


具は茹でモヤシにコーン、ニラなどシンプルな構成。
チャーシューやメンマなどの具が入っていないのは少々寂しいと
思われる方もいるでしょうが、
麺とスープで十二分に食わせる力を
持った一杯なので具の寂しさについては、それほど気になりません。


麺は浅草開化楼製で縮れの強いやや平打ち気味の麺。
固めの茹で上がりでギュムッとした食感が特徴的です。
スープをしっかりと持ち上げてくれるので、麺とスープの一体感を
味わうことができます。


後半は備え付けの一味唐辛子と山椒の出番。
まずは一味唐辛子で辛みのアクセントを加え、次に山椒をパラリ。
この山椒を加えることで、味噌の風味が引き立つからアラ不思議♪


この日は雨模様で外の気温も低く寒い日でしたが、こちらの
「こってりみそらーめん」を食べたら冷えた身体がポカポカに♪
やっぱり冬の寒い日に食べる味噌ラーメンの味は格別ですね〜。(*^¬^*)


そんなこんなで2012年ももうすぐ終わり。
今年は思うようなラー活ができなかったので、来年こそは貪欲に
ラー活を楽しめたらなぁと思っています。(更新は気まぐれですが・・・)
それでは皆様良いお年を♪(* ̄▽ ̄)ノ~~

 

回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回

■店名:『らーめんダイニング ど・みそ 京橋本店』

■住所:東京都中央区京橋3-4-3

■電話:03-6094-3700

■定休日:不定休

■営業時間:平日 11時〜22時30分 (LO)
        土曜 11時30分〜21時
        日祝 12時〜21時

※店舗情報は記事掲出時のもので変更になる場合があります。
ご了承下さい。

回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回

【必見】むねやけ六郎おすすめ!お取り寄せラーメン!


 ブログ村バナー 其の壱.jpg ρ( ̄∇ ̄o) コレ
ブログ村ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m

br_decobanner_20101111004751.gif ρ(・д・*)コレ
人気ブログ ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m





 


お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 02:12 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

『麺屋 永吉 花鳥風月』@葛西 〜 “雅”な異空間で、召しませ心と身体にやさしい癒し系無化調「らーめん」 〜

飽きの来ない美味いラーメンが食べたければこのラーメン屋
に行って欲しい。
そう自信を持ってワタシがお奨めするラーメン屋さん。それが、


麺屋 永吉 花鳥風月


です。ヽ(^▽^@)ノ

千葉県浦安駅の近くで10年ほど営業していた小さなラーメン屋
が、2011年4月お隣の江戸川区葛西に移転してきました。


浦安で営業していた頃は、5人も座ればギュウギュウのカウンター席。
同じく厨房も激セマ。ヘ(x_x;)ヘ
その店のあまりの狭さにテレビ東京で放送された『日曜ビッグバラエティ〜
激セマ繁盛店〜』に取り上げられたほどです。


そんなお店が諸事情により葛西駅の近くへ移転。
移転に伴って『麺屋 永吉』から『麺屋 永吉 花鳥風月』と屋号を
改め
、「雅」をテーマに「美しいデザイナーズ・ヌードル・レストラン」を
コンセプトとして
移転オープンを果たしました。


移転後の店舗は浦安時代の店舗と違い、カウンター8席と4人がけの
対面カウンター席に加えて半個室で6人が座れるテーブル席まであり
座席に余裕を持たせた造りに。

座席を多くしたのは浦安時代のように店の前でお客さんを待たせたく
なかったという店主・神尾さんの思いによるものだそうです。


また「雅」をテーマにしている通り、店内外を黒を基調にした和風モダン
の趣きに満ちていて、落ち着いた雰囲気の中でラーメンをたのしむこと
ができるようになっています。(‘ ∇‘ )


店のデザインなどは元アパレルのデザイナーだったというご主人に
よるもので、


つらいことが、たくさんある現実世界・・・この店のドアを一歩入ったら、
このひとときだけは、イヤなことは全て忘れて、美味しいらーめんと、この
異空間を、楽しんでいただきたい



というのが店のデザインコンセプトだとか。(*゚。゚)


そんな『麺屋 永吉 花鳥風月』の基本メニューはらーめん」(750円)
つけめん」(850円)、そして夏期限定メニューだったのが人気を呼び
レギュラーメニューへ昇格、今では店の看板メニューにまでなった
カリーつけめん」(900円)などがあります。


各メニューの価格を見ると、やや強気のお値段にも思えますよね。(゚口゚;)
でもコレお店の説明書きによれば良心的な価格なんだとか。

一般的なラーメン店の場合、化学調味料を使用するなどして原価率を
2〜3割前後に抑えているのに対して、
こちらでは化学調味料を使わず
厳選された天然素材を贅沢に使用している
のだそうです。
そのため
原価率は4割以上になってしまうけれど、その原価率から
考えると決して高い価格設定ではありませんよ
、ということなんですね。



移転オープン後、何度か足を運び「つけめん」と「カリーつけめん」は
食べているので、久々に「らーめん」をいただくことにしました。

お店は広くなりましたが、
注文した一杯がサーブされるまでに時間が
かかるのは浦安時代と一緒
です。

正確に計ったわけではありませんが、およそ10分〜15分くらいは
かかっているかもしれません。
一般的なラーメン店と比べた場合、お客さんによっては注文が通って
ないんじゃないかと焦ってしまうタイムじゃないでしょうか。


でも『永吉』ではこれが普通。


ご主人の調理から提供するまでの一連の動きを見ていれば、一杯一杯を
真摯にそしてとても丁寧に作っているのが分かると思います。
だから提供まで時間がかかるんですね。


その姿を見ていると、この人は几帳面で手抜きや妥協が嫌いなヒトなんだ
というのが伝わってきます。o(^-^)o
そう考えると原価率云々や提供までに時間がかかるというのも、ひとえに
上質なものを提供したいというご主人の思いの表れだと思えるのです。


恐らくワタシを含めたこの店に通うリピーターは、それらを了解している
のでしょうね。待った先に期待を裏切らない上質で美味しいラーメンが
あるから.。ヾ(〃^∇^)ノ



店内に流れるジャズとラーメン屋とは思えない「雅」な空間に浸りながら
待つこと約15分。
ワタシの注文した「らーめん」(750円)ができあがりました。ヽ(‘ ∇‘ )ノ

麺屋 永吉 花鳥風月 らーめん.jpg

画像からは伝わりにくいですが、なんというかとても凛とした表情を持った
ラーメン
です。


スープは地鶏ガラなどの動物系とサバ節や煮干しなどの魚介系を合わせた
いわゆるダブルスープ仕様。
味の軸となるタレには3種類の醤油を使用しているそうです。
そうして出来上がる艶やかな茶褐色のスープの味を一言でいえば


“コクまろ系”


淡麗系とも違うその味は、何かが飛び抜けて主張するようなものではなく
非常にバランスよくまとまっていて、円を想像させます。
一口目からガツンと旨味が押し寄せてくるものではありません。
一口ごとにジワジワと旨味が舌に広がっていくような感じです。
この遅効性の旨味の伝わり方は無化調スープならではといったところ
でしょうか。



麺はツルシコ系の平打ち縮れ麺でしたが、現在は麺の中央だけ膨らませ
厚みをもたせたような形の平打ち麺
を使用しています。
前の方が良かったという意見もありそうですが、変更後はよりしなやかで
滑らかな食感の麺になっていて、啜り心地は一層良くなっているように
感じました。



具は豚バラ肉のロールチャーシューにメンマ、海苔、青菜、刻み葱。
それら具の配置の仕方にもご主人の几帳面さがうかがえます。
具の中でも特にチャーシューとメンマは特筆すべき逸品


チャーシューは注文ごとに冷蔵庫からチャーシューの塊を取り出し、必要な
数だけ切り分けるというのがご主人のスタイル。w(*゚o゚*)w
切り分けた直後はかためですが、スープに浸されることでその食感は


トロットロに♪(´ρ`)


箸で持ち上げただけでホロホロと崩れてしまいます。(笑)
食べ物の柔らかい様を“歯がいらないほど柔らかい”というふうに表現
しますが、まさに文字通りのチャーシューです。('-'*)


もうひとつはメンマ。
こちらもしっかりと仕事が施されています。
黒胡椒と鰹節がまぶしてあり、ピリリとスパイシーでオトナの味。
お酒のおつまみにピッタリな感じです。
実際サイドメニューおつまみめんま」(250円)として販売しています。


このようにスープや麺もさることながら具のひとつひとつに手抜きがなく、
クオリティが高いのも『永吉』の特徴のひとつです。
ワタシの中でに特筆すべき逸品としたチャーシューとメンマですが、これを
贅沢に使った注目すべき丼メニューがあります。
それが、

ちゃーしゅー丼」(400円)です。

麺屋 永吉 花鳥風月 ちゃーしゅー丼.jpg
※こちらは浦安時代に提供していた「ちゃーしゅー丼」の画像。

実はコレ、「らーめん」や「つけめん」を押し退けて『永吉』のメニューの
なかで一番お気に入りのメニューだったりします♪

熱々ご飯の上にゴロゴロチャーシュー、メンマ、茹でキャベツ、温泉卵
をのせ、特製のタレをかけた一品。
これが一口食べた瞬間に笑みがこぼれる


問答無用のウマさ♪(*´∇`*)


浦安時代に「ちゃーしゅー丼」の調理をチラ見していた記憶によれば、
冷蔵庫から取り出し切り分けたチャーシューはそのままだとかたい
ため、ひと手間かけて一度スープに浸して柔らかくしていました。(・0・。)
(茹でキャベツも同じだったかな?)

手間をかけて作った具を提供前にもうひと手間かけ「ちゃーしゅー丼」として
完成させるというこの姿勢が、ワタシが『永吉』を好きな理由のひとつでもあります。

ワタシ流の食べ方としてはまず中央の温泉卵を壊し全体にまんべんなく
広げます。あとはチャーシュー、メンマ、茹でキャベツをまとめてご飯と一緒
にかき込むだけ。
全ての具が混然一体となった味わいに


昇天必至!!


人によっては涅槃が見えるかも。(笑)

ボリュームは控えめなので、ラーメン用の丼に山盛り欲しいくらい。
1日限定15食なので早い者勝ちです。 (o ̄∇ ̄)σ



なんだか『永吉』を愛するがゆえに、ここまで随分と熱く書き綴って
しまいました。(汗)

でも贔屓目なしに、味と接客共に高レベルを維持している都内でも数少ない
ラーメン屋さんだとワタシは思います。

その仕事の丁寧さゆえにどうしても提供に時間がかかるので、
初訪問の方はそれを理解した上、時間に余裕をもって訪問することを
お勧めします。



★////★////★////★////★////★////★////★////★////★////★

■店名:『麺屋 永吉 花鳥風月』

■住所:東京都江戸川区中葛西3-30-11

■電話:03-6808-5738

■定休日:月曜(祝日の場合は営業し翌火曜日と水曜日が休み)
       火曜昼、第3火曜夜、第3水曜昼

■営業時間:11時30分〜14時30分(LO)、18時〜22時 (LO)
        土曜 11時30分〜14時50分(LO)、18時〜22時20分(LO)
        日曜・祝日 11時30分〜14時50分(LO)、18時〜22時(LO)

※店舗情報は記事掲出時のもので変更になる場合があります。
ご了承下さい。

★////★////★////★////★////★////★////★////★////★////★


【必見】むねやけ六郎おすすめ!お取り寄せラーメン!


 ブログ村バナー 其の壱.jpg ρ( ̄∇ ̄o) コレ
ブログ村ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m

br_decobanner_20101111004751.gif ρ(・д・*)コレ
人気ブログ ランキングに参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m


お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 17:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。