2008年03月04日

『果川家(かせんけ) 黄金たいやき』@千駄木〜たい焼き界の韓流スター現る〜

韓国のドラマ『冬のソナタ』に始まった、韓流ブーム。
現在ではその熱も少し落ち着きを見せているようだが、今度は
日本のたい焼き界に韓流スターが登場した。

果川家(かせんけ) 黄金たいやき

がそれだ。
先日、千駄木にある行列ができるラーメン店の『つけめん TETSU』に
行く途中で、たまたま見つけた韓国鯛焼きの店である。

IMG_6383.jpg

鯛焼きといえば麻布十番の「浪花家」を元祖とする日本独自のお菓子
だと思っていたのだが、実は韓国にも“鯛焼き”に類するお菓子があったのだ。

日本では読んで字の通り魚の「鯛」を模した形だが、韓国版の鯛焼きは
「鯉」や「鮒」を模したもので、実際に「インオパン(鯉焼き)」「プンオパン(鮒焼き)」
と呼ばれ日本の鯛焼きと同様、幅広い世代に親しまれているという。

焼き方も日本の一丁焼きや連式焼きとは異なり、韓国製の円形の回転する
焼型を使って焼くのが特徴のひとつだ。
また、この円形の焼型で焼かれた“鯉焼き(鮒焼き)”は、日本の鯛焼き
のようなベージュ系の色ではなく、濃い焼き色が付いた色をしていることから
別名“黄金たいやき”とも呼ばれている。

韓国版の鯛焼き、いや鯉焼きを食べるのは初めてのワタシ。
とりあえずひとつ買って、その場で食べてみることにした。(店頭に椅子あり)
ひとつ110円という価格も魅力である。
そして出来上がったのがコチラ。↓

IMG_6385.jpg

魚に無知なワタシは、一見してこれが「鯉」なのか「鮒」なのか、はたまた「鯛」なのか
判別することができないのだが、とりあえず「魚」であることに間違いない。
太陽の光を受けて、黄金色に(!?)輝いているようにも見える。(☆∀☆)

店頭の薀蓄によれば大きさは全長約135mm、重さは約75gだそうだ。
日本の鯛焼きに比べるとやや小ぶりな印象。

ワタシは尻尾から食べる派で、早速かぶりつきたい衝動を抑えつつ、
今回は写真撮影のためお腹の辺りからパックリと割ってみることにした。

IMG_6387.jpg

中身は日本の鯛焼きと同様にあんこが頭から尻尾の先まで詰まっている。
ただ少し違うのは、そのあんこがしっとりとしていて、とろみがあるということ

皮は非常に薄い。
しっかりと焼いてあるから、香ばしさと共にパリパリとした食感が楽しめる
このパリッとした皮とトロッとした餡という相反する食感が絶妙にマッチしていて
とっても美味。( ゚Д゚)ウマー
餡は程よい甘さで、生地の持つ風味の邪魔をしていないのが好印象。
皮と餡が互いの風味と食感を引き立て合っているという感じだ。

大きさも小ぶりで、さっぱりした味わいなので、二つ三つと食べられてしまいそう。

今までワタシ個人の鯛焼きランキングは、麻布十番の『浪花家』が1位だったのだが、
今回『果川家』の“鯉焼き”がいきなり1位にランクインしてしまった。
伝統の鯛焼きを抑えて、いきなり1位に躍り出た“鯉焼き”。
今後はこの韓国版鯛焼きを軸に第二次韓流ブームが巻き起こる予感・・・。( ̄ー ̄)


ちなみに以下にご紹介するのは鯛焼き御三家のひとつと呼ばれる
「根津のたいやき」である。φ(`д´)メモメモ...

IMG_6413.jpg

甘酒横丁の『柳屋』、麻布十番の『浪花家』同様、行列が出来ていた。
こちらの鯛焼きは1個140円。

IMG_6415.jpg

『果川家』の鯉焼きとは違い、大きくてどっしりした印象。
この少し焦げがあるところなどが、食欲をそそるポイントである。

IMG_6417.jpg

皮は『果川家』に比べやや厚手。
表面はパリッとしているが、『浪花家』に比べるとややしっとりの部類かもしれない。

たっぷりと入った濃厚なあんこが、これぞ日本の鯛焼きという風情を醸し出している。


確かに「根津のたいやき」も十二分に美味しいのだが、
今回の軍配は遅れてきた韓流スターの『果川家』に上げたい。
あのパリッとした皮とトロッとした餡は、1度食べるとヤミツキになること間違いナシだ。
ちなみに食べるのならば、出来立てをその場で食べることをお勧めしたい。
持ち帰るとどうしても湿気で皮がフニャフニャになってしまうからだ。
家で焼きなおしても良いが餡のトロトロ感が損なわれてしまう。

やはり鯛焼き(鯉焼き)は、その場でできたてアツアツを
ヤケドしそうになりながらハフハフ食べるのが一番である。(*^ー゚)b


▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

■店名:『果川家(かせんけ)』

■住所:東京都文京区千駄木2-13-1 ルネ千駄木プラザー1階

■電話:03-3821-6181

■営業時間:11時〜19時

■定休日:第1・3月曜日

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


gourmet468_60.gif

「ブログ村ランキング」に参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m


banner2.gif

「人気ブログ ランキング」にも参加しております。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m




お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 02:59 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | お菓子&甘いもの系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人形町の甘酒横丁にある有名な鯛焼き屋は、『柳屋』です。
ちなみに、個人的な3大鯛焼き屋は、@人形町『柳屋』A四ツ谷『双葉』B麻布十番『浪花屋』です。
Posted by 下町王子 at 2008年03月04日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。