2007年09月06日

『つけめん TETSU』@千駄木〜 強麺(ごうめん)売り切れで、強麺(ごうめん)なさいネm(_ _)m 〜

かねてからの宿題店であった、千駄木にある行列店


つけめん TETSU


に行ってきた。ε≡≡ヘ( ´∀`)ノ

IMG_5011.jpg

事前情報によれば行列の絶えない人気店とのこと。
市ヶ谷の『くるり』並みの大行列を想像し、ビビッていた
のだが、10人ほどの行列だったのでホッと一安心。ε-(´∀`*)ホッ

店頭に券売機があり、食券を購入してから並ぶのが流儀のようだ。

初訪問なので、看板メニューのつけめん」(700円)
強麺(ごうめん)」と呼ばれる限定麺で注文しようかと思っていた
のだが、残念ながら「強麺」は売り切れ。(ノД`)シクシク

そこで、「つけめん 200g」と「あつもり 200g」がセットになった
『つけめんTETSU』ならではの異色メニューつけあつ」(800円)
注文することにした。

15分くらいで入店。ササッ((((〃⌒ー⌒)/どもっ♪
並んでいる間に店員さんが予めオーダーをとってくれるので、
入店後はそれほど待たずに注文の品が提供される。

まずは、つけダレと共に「あつもり」の麺が仲良く登場。
(「つけめん」の麺は時間差で提供される)

IMG_4990.jpg

「あつもり」といえば、温かい麺を皿に盛った状態で出てくるのが一般的。
しかし『TETSU』の「あつもり」は、温かい麺が鰹ダシの効いた熱々のスープに
入った釜揚げうどん状態で提供されるのだ
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

IMG_4996.jpg 

IMG_4997.jpg

麺は浅草開化楼製の縮れた太麺を使用。
ゴワッ!ムチッ!とした食感で、とても食べ応えがある。
熱々のダシに浸かった麺は、冷めることなく最後まで
温かい状態で食べられるのがポイントだ。(・∀・)ほう
つけダレに絡めずとも、このまま素ラーメンとして楽しむこともできる。( ̄ー ̄)

つけダレはコチラ。↓

IMG_4992.jpg

IMG_4994.jpg

濃厚豚骨魚介系のつけダレである。
一口飲んでみると、まず最初にフワッと鯖節の香りが口から鼻へと
突き抜けた。魚介系寄りのつけダレかな?と思っていると、後から
動物系のコクが押し寄せ、最後に甘味の余韻を残してスウッと
喉の奥へ吸い込まれていく。


ん〜ギザウマス(*´д`*)」


松戸にある『とみ田』の「つけそば」に比肩する美味さである。

食べ進むうち、鰹ダシが「あつもり」の麺に染みこみ、
その麺をつけダレに絡めることで美味さの相乗効果が堪能できる。

「あつもり」を4/3程度食べたあたりで、「つけめん」登場。↓

IMG_4999.jpg

IMG_5001.jpg

冷水で〆られた「つけめん」は、強いコシとツルリとした喉越し
そして小麦の風味が感じられるもの。

最初に提供される「あつもり」によって、つけダレが温くなるのが
最小限に抑えられるため、「つけめん」に突入しても温かい状態の
つけダレで食べられるのが嬉しい。(*^ー゚)b グッジョブ!!

しかし、冷たい麺をつけているのだから、つけダレは少しずつ
温くなっていくのは必定。(´・ω・`)ショボーン
そこで『TETSU』ならではの秘密兵器をオーダーすることにした。
その名も


焼石(やきいし)」


IMG_5003.jpg

焼石は上の写真の通り、レンゲに乗せた状態で提供される。
もちろん無料だ。ヽ(´ー`)ノ
ハンパなく熱いので、火傷に注意。 (#゚Д゚)アチチッ!
脳内で映画『アルマゲドン』の隕石衝突シーンを意識しつつ
コイツをつけダレに


アルマゲドーン!!(#゚Д゚)


(とりあえずBGMとしてエアロスミスの「I Don't Want to Miss a Thing」を
頭の中で口ずさみながら♪)

隕石が突っ込んだ地球の海・・・じゃなくて、焼石が投入されたつけダレは
ジュゥ〜!という音を立てながら、沸騰し熱せられる。

IMG_5006.jpg

これがエンターテイメント的でとても楽しい♪。( ● ´ ー ` ● )

IMG_5007.jpg

やがて焼石は、つけダレに熱を奪われて


完全に沈黙。(-∧-;) ナムナム


焼石効果でつけダレは再加熱され、熱々に。
とりあえず焼石をサルベージせずに、後は残った「つけめん」を
食うのみ。最後まで熱々のつけダレで食べられるのが嬉しい。
終盤どうしても冷めてしまうつけダレの欠点を「焼石」という
方法でカバーするアイデアが素晴らしい。(;´Д`)スバラスィ ...ハァハァ

〆はもちろんスープ割り。
割りスープはポットで提供されるスタイルだ。
しかし、つけダレに粘度があるため、ほとんど麺に絡め取られてしまい
終盤ではつけダレが干ばつ状態に・・・。_| ̄|○ il||li
麺の多さもつけダレ干ばつの要因のひとつなのだろうが
これは仕方がない。
つけダレがスープ割り可能なギリギリのラインという危機的状況では、
レンゲ2〜3杯程度のスープを入れるのが限界であった。

結局、焼石はそのままサルベージせずに完食〜♪ヽ(●´ε`●)ノ

IMG_5008.jpg

総評として、つけダレの美味しさは言わずもがなで、ダシに浸かった
「あつもり」や焼石・「あつもり」と「つけめん」をセットにして時間差で
提供するなど、アイデアとエンターテイメント性に溢れた魅(味)せる
一杯といえよう。


次回訪問の際は是非とも「強麺(ごうめん)」で食べてみたいところだ。
ただ、限定30食らしいので、かなりハードルは高い・・・。

**************************
■店名:『つけめん TETSU』

■住所:東京都文京区千駄木4-1-14

■電話:03-3827-6272

■営業時間:11時30分〜15時(売り切れ次第終了)

■定休日:月曜
**************************

「ブログ村ランキング」に参加してマス。
よろしければクリックにて当ブログに一票を!m(_ _)m にほんブログ村 グルメブログへ


「人気ブログ ランキング」にも参加しております。よろしければクリックにて当ブログに一票を!m(_ _)m banner.gif



お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 23:20 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

昨年(2010年)に横浜みなとみらいのランドマークプラザにオープンしたつけ麺店「つけめんTETSU」でいただく濃厚魚介豚骨のつけ麺
Excerpt: 先日、昨年(2010年)の9月に横浜みなとみらいのランドマークプラザにオープンしたつけ麺専門店に行ってきました。 ランドマークプラザの1階にある「つけめんTETSU」というお店です。 .....
Weblog: 横浜ブログ
Tracked: 2011-05-11 22:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。