2007年08月13日

『中華蕎麦 とみ田』@松戸〜いやぁ「つけそば」ってほんっとにイイもんですねの巻き〜

『とみ田』への道中記はコチラをご覧下さい。

夏の照りつける太陽と戦いながら、やっとこさ
目的地であるとみ田へ到着した。

道中色々と写真を撮ったり、こまめに地図確認を
しながら走っていた割には、1時間30分くらいと
割と早く到着することができた。
距離にすると21kmほど。

午後3時くらいが空いているとの情報だったが
この日は既に10人くらいの待ちができていた。
『とみ田』の行列にしては少ない方だ。
『兎に角』や『松戸大勝軒』にターゲットチェンジ
する必要はない行列具合である。ε-(´∀`*)ホッ

並ぶ場所は、幸いなことにビルで日陰になっていて
殺人的な直射日光を浴びなくても良い絶好の
ポジショニングだ。
ただ、逆にこの場所は冬場がキツイ。
以前、冬に同じ場所に並んだときは、日陰の寒さで
ブルブル震えていたことを思い出す。 ((´д`)) ブルブル…サムー

注文は食券制。
入店前に購入しておくのが『とみ田』に行列する者の
流儀だ。..._〆(゚▽゚*)
順番が近づいてくると、元気で愛想の良いスタッフさんが
が予め購入しておいた食券を回収してくれる。

並びが少なくなってくると、日陰になっている店の側面から
直射日光がギラギラ照りつける店頭に並ぶことになる。
日差しを遮るものが何もないので、強烈なUV直撃である。
だが、ここまでくれば店内に入れるまで時間の問題。
汗を拭き拭き耐える。 (((;-д- )=3ハァハァ


回転が良く、約20分ほどで店内へ入ることができた。
噂に聞く土日などの待ち時間に比べれば、
とてもスムーズな回転といえよう。


前回訪れた時には中華そばを注文した。↓

IMG_3436.jpg

麺はモチモチとした自家製の中太麺。

IMG_3437.jpg

そ・こ・で
今回は未食だったつけそば」(700円)を注文。↓

IMG_4603-1.jpg

麺は自家製の太麺。

IMG_4596-1.jpg

100円増しの大盛(+200g)200円増しの特盛(+400g)
既に売り切れ。
50円増しの中盛(+100g)は大丈夫だったが、満腹状態
まま自転車で帰るのは少々しんどい。そこで今回は
デフォルトの300gで注文しておいた。

セオリーというかなんというか、まずは
麺だけを味わってみる。

IMG_4597-1.jpg

麺の表面は、みずみずしく、ツルツルとした舌触り。
ムッチリとした歯応えで、強〜いコシがある。
噛むとフワリと小麦が香る、とてもクオリティの高い麺だ。
『吉左右(きっそう)』の麺こそ絶品と信じて疑わなかった
ワタシだが、『とみ田』の麺を食べてみた結果
風味・食感ともに『吉左右』超えているような気がした。

もうひとつの主役であるつけダレはコチラ。↓

IMG_4601-1.jpg

濃厚な豚骨魚介系スープである。
スープ表面の泡立ち具合がタマラナイ。
具は、たっぷりの刻みネギにチャーシュー・海苔
ナルト・メンマなど。

早速、先ほどの麺をつけダレにくぐらせて啜る。


参りましたっ!m(_ _)m


いや、もう何というか、とにかく


美味いっ!ヽ(´ε`)ノ


の一言。

つけダレと麺の相性の良さは言わずもがなで
完璧なマッチングを見せている。
濃厚なつけダレは、動物系と魚介系のどちらかが
突出し過ぎることなく、この上ない絶妙なバランスで
美味さを表現しているところが凄い。


300gの麺が、あっという間に胃袋へと吸い込まれて
いってしまった。恐らく、この麺とつけダレであれば、
400gを注文したとしてもペロリと食べられてしまうことだろう。

最後はお決まりのスープ割り。
一般的なスープ割りは、つけダレにスープを入れる
だけだが、ここ『とみ田』ではなんとスープ割りに加え、
刻みチャーシューとネギをトッピングしてくれるのだ

これは嬉しいサービスである。
そして丼の底には柚子皮が。( ̄ー ̄)ニヤリ

スープ割りによって、濃厚なスープはマイルドな
味わいに。ダシの角がとれて、飲みやすくなるのだが、
ワタシ的にはスープ割りをする前の濃厚な味が好み
であったことを付け加えておきたい。


**********************
■店名:『中華蕎麦 とみ田』

■住所:千葉県松戸市松戸1339 高橋ビル1F

■電話:047-368-8860

■営業時間:11時〜19時(売り切れ終了)

■定休日:水曜
**********************


【本日のごっつぁん指数】※最高5ごっつぁん

(*´д`*ごっつあんです!


お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 23:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。