2007年08月02日

『麺処 遊(麺処 夕)』@鶯谷〜『遊』(You)食っちゃいなよ!の巻き〜

今日は暑かった。
暑いときこそ、熱〜いラーメンを。
ということで、本日訪問したのは鶯谷の陸橋下にある


麺処 遊


こちらの店は、北区にある中華そば屋 伊藤
息子さんがオープンさせた店である。

『中華そば屋 伊藤』といえば、煮干がメインの魚介系
スープに、コシのある自家製麺をあわせた「そば」を提供する
店として有名だ。
具材にかけるコストを全てスープと麺に注ぎ込んだ結果、
完成したラーメンは、スープと麺とネギというシンプルな構成。
それゆえに、スープと麺の美味しさをダイレクトに
堪能することのできるラーメンに仕上がっているという。


私は、こんな風にもっともらしく『伊藤』を説明しているが、
実はまだ未食。
順序としては『伊藤(父)』〜『遊(息子)』という流れが
正しいと思うのだが、何故か逆の流れに。
なので、『伊藤』と味の比較ができないところが痛いところ。
ただ情報によれば、『伊藤』とは違うオリジナリティを
プラスしているらしい。期待に胸が膨らむ。


今回の『麺処 遊』は正直見つけにくい。
鶯谷の陸橋下辺りと教えられても、見過ごしてしまうことは
大いにあり得る。o(・_・= ・_・)o キョロキョロ
なぜなら、店頭には看板をはじめ、ラーメン店を匂わせる
ノボリや広告などの類が一切無いからだ。

麺処遊の外観.jpg

上の写真をご覧いただければ、お分かりだろう。
屋号が書かれるであろう部分には、簾が垂らされている。
営業しているかどうかの判別以前に、店なのかどうかすら
わからない。(´ε`;)ウーン…

人によって意見は様々だろうが、ワタシ的にこの
隠れ家的な佇まいとセンスは大好きだ。(・∀・)モエッ



店頭の券売機で、基本の中華そば」(600円)を購入。


店内はとても狭く、薄暗い。
カウンター席が6席程度で、厨房に背を向けて食べるスタイル。
厨房前にも立ち食い可能なカウンター?らしきものが
あるのだが、使えるのかどうかは不明だ。
さらに厨房前には簾がかかっていて、調理の様子は分からない。
ん〜ミステリアスで面白い。( ̄ー ̄)


店内に流れるビートルズやジョン・レノンに酔いしれながら
待つこと数分。
「中華そば」ができあがった。ヽ(´ー`)ノ

IMG_4525.jpg

『伊藤』の「そば」とは違い、デフォルトで豚の角煮がトッピング
されている
のがポイントだ。
スープ表面には、銀色に輝く煮干粉が浮いている。
湯気とともに立ち上る煮干の香りがタマラナイ。
まずはスープを一口。

IMG_4528.jpg


ん〜、ウマイ。(*´д`*)


煮干ガツン系と思いきや、意外とスッキリ。
それでいて、ピンポイントで煮干がしっかりと主張している。
ただ、スープがかなり少ないので、調子に乗って飲みすぎると
スープなしになってしまうので注意が必要だ。

続いて麺を啜ってみる。

IMG_4529.jpg

麺は、硬めに茹で上げられた細ストレート麺で、
コシがありムチッとした歯応え。
啜ると言うよりも、ハムッと喰らいついてブチッと噛み切る感じ
細い見た目とは裏腹に、屈強さを感じさせる男らしい麺だ。

麺にスープが絡んでの一体感というよりも、麺がスープを
吸収することによって得られる一体感
という方が
しっくりくる。


丼の中でも一際存在感を放つ角煮。

IMG_4530.jpg

豚のバラ肉だろうか。
プルンプルンでトロットロッの食感がタマラナイ。
薄味で、とても上品な味付けだ。
魚介系スープの邪魔をしないように、敢えて薄味にしてある
のかもしれない。

「イマジン」を聴きながら、食べる中華そばというのも
なかなかオツである。(´▽`)

気付けば完食していた。

最後の一滴まで飲み干せるスープというのは
こういうスープのことを言うのかもしれない。
ボリュームからして満腹感には程遠いが、満足感は十二分に
得ることができる一杯である。( ´З`)=3

 

ちなみに、この『麺処 遊』、水・木・金曜の18時以降限定で
店名を

麺処 夕

と変え、別コンセプトのラーメンを提供している。

麺処夕の外観.jpg
(『麺処 遊』の夜の顔『麺処 夕』)

それがこれだ。↓

IMG_4275.jpg
(光量不足により、これ以降の画像はややピンボケ気味。ご容赦を・・・)


その名も濃そば


IMG_4276.jpg


昼とは一転して、鶏白湯スープに煮干ダシをあわせた
濃厚なラーメン。

IMG_4277.jpg

鶏の旨味に負けじと、魚粉がプラスされているのが
ポイント。麺も、昼の細麺ではなく、平打ちの太麺が
あわせられている。

IMG_4278.jpg

こちらの麺も、硬めの茹で加減でムチッとした食感。
濃厚な鶏白湯スープに絡むこと絡むこと。(゚Д゚ )ウマー

鶏白湯と魚介がここまで見事に融合している
スープは、なかなか無いのではないだろうか。

今度は『中華そば屋 伊藤』へ訪問し、『遊』との
違いを確かめてみたい。

**********************
■店名:『麺処 遊』

■住所:東京都台東区根岸1-3-20

■電話:080-6672-7111

■営業時間:11時30分〜17時、18時〜23時ごろ
        ※スープ終了時閉店

■定休日:無休
**********************


お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 23:56 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

麺処 遊
Excerpt: 訪問日:2007年9月21日(金) 「麺処 遊」… 「煮干ラーメン」といったらここと煮干好きに絶賛される「伊藤」@王子… こちらの店主の息子さんが営む店… 場所は鶯谷駅南口..
Weblog: ラーメン 一期一会
Tracked: 2007-10-17 13:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。