2013年09月02日

『麺屋 竹馬』@葛西〜 店主は『麺屋 武蔵』出身の若手ラーメン職人!喜多方の麺と濃厚醤油のスープが紡ぐ「らーめん」 〜

東京メトロ東西線・葛西駅界隈も最近ラーメンプチ激戦区に
なりつつあるような気がします。

言わずと知れた『ちばき屋』をはじめ、浦安から移転してきた
人気店『麺屋 永吉』。
かつて葛西のバーを昼の間だけ間借り営業していた『まがり』
も南行徳へ移転後、再び葛西の地に戻り2号店をオープンさせ
ました。
さらには葛西橋通り沿いには家系ラーメンを提供する『巓』
というラーメン店もオープンするなど、イイ感じに盛り上がって
いる葛西駅界隈。


そんな葛西に5月新たなるラーメン店がオープンしました。



麺屋 竹馬



という屋号のお店です。

麺屋 竹馬 店舗外観

なんでも若きご主人はアノ言わずと知れた有名店『麺屋 武蔵』
で修行された実力派のラーメン職人だとか。


メニューは基本の「らーめん」(650円)を筆頭に「つけ麺」(750円)
や「冷やし担々つけ麺」(850円)などがありました。


初訪問なので今回は「らーめん」を注文することにしました。


「らーめん」と「つけ麺」のスープは別々にとっているそうで、
「らーめん」は丸鶏と真昆布からとったスープを使い、一方の
「つけ麺」は濃厚な豚骨魚介系のスープを使っているようです。


注文するとスープストックから一杯分のスープを取り出し、
それを小鍋で温め始めるスタイルです。
ワタシ的にこの一杯ずつ小鍋で温めるのは好きなスタイル
だったりします。


お店の張り紙に「らーめん」は本場“喜多方”の麺を使っているとの
ことでしたが、店内の奥にチラリと見えた麺箱にはアノ「カネジン
食品」の文字が。

「ほえ?「カネジン食品」って喜多方の製麺所だったっけ?」

と店を出てからもずっと疑問だったのですが、あとで調べて
みたところ「らーめん」と「つけ麺」で使っている麺の製麺所
が違うらしく「らーめん」は福島県喜多方にある「朝日屋食品」。
「つけ麺」は「カネジン食品」の麺を使っているようです。


麺屋 竹馬 らーめん

具は豚バラ肉のチャーシューと海苔・ネギ・メンマといったシンプル
な構成です。


『麺屋 武蔵』出身ということで、チャーシューに期待してい
たのですが、柔らかく仕上げてあるものの濃いめの色味に反して
やや味付けが物足りない感じがしました。
結構仕事をしたチャーシューなだけに味付けは少し残念。


喜多方の麺を使っているということだったので、清湯系のすっきり
とした喜多方ラーメンのスープを想像していたのですが、濃いめの
醤油色をしたスープにちょっとビックリ。


飲んでみるとビシッときいた醤油味の中に、昆布特有の旨味が
きいているのが感じられました。
喜多方ラーメンのそれとは違い、醤油のエッジのきいたスープは
『麺屋 竹馬』オリジナルの味わいといったところでしょうか。


麺は「朝日屋食品」の太縮れ麺。

麺屋 竹馬 らーめん カネジン食品

強く主張するスープに負けない力強さと弾力のある麺です。
ただそれ故に麺とスープお互いの主張が強く、ちょっと喧嘩
してしまっているようにも感じられました。
個人的にはもう少し麺の主張を一歩引いた感じでも良かった
かなとも思います。


味が濃いめなのでスープを完飲することはできませんでしたが、
最後まで美味しくいただきました。
麺のボリュームも結構あるので物足りなさもありません。


濃厚系豚骨魚介の「つけ麺」も気になるので、次回訪問時には
そちらを試してみたいと思います。

回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回

■店名:麺屋 竹馬

■住所:東京都江戸川区中葛西3-19-5 ココマンション1F

■電話:03-3675-7080

■定休日:水曜日

■営業時間:11時30分〜14時、17時30分〜22時30分
※スープ終了時閉店

回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回∽∽回


【必見】むねやけ六郎おすすめ!お取り寄せラーメン!【必見】



 ブログ村バナー 其の壱ρ( ̄∇ ̄o) コレ
「ブログ村ランキング」に参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m

br_decobanner_20101111004751 ρ(・д・*)コレ
「人気ブログ ランキング」に参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m



お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 23:46 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373759031

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。