2010年05月06日

『花家』@田原町/浅草〜ご当地焼きそばに推薦したい逸品!飾らない『花家』の焼きそば〜

ご当地焼きそばといえば、B-1グランプリで優勝した静岡の
富士宮やきそばをはじめとして、秋田の横手焼きそば
青森の黒石やきそばなど、日本各地には多くのご当地
焼きそばがある。

それぞれのご当地焼きそばは地元の食材を使ったり、極太麺
を使うなど、それぞれ趣向をこらしたオリジナリティー溢れるものが
多い。

しかし、それら個性を前面に押し出したご当地焼きそばとは逆に
今回食べた花家の「焼きそば」は、極限まで個性を削ぎ落とした
ものなのである。
ある意味、個性がないのが個性的だと言えるかもしれない。

一言で言えばシンプル
『花家』の「焼きそば」を形容するには、この言葉がピッタリだ。

花家 焼きそば 中.jpg

具はキャベツとモヤシのみという潔さ。
豚肉や天かす、紅生姜などは一切入っていない。

シンプル過ぎるにも程がある(?)ビジュアルとは裏腹に、これが


たいそう美味い。 (*´д`*)


具のキャベツとモヤシはシャッキリとした食感を残した、絶妙な
焼き具合。野菜と麺の比率もバッチリだ。

麺は店に置いてあった麺箱を見る限りでは、地元である台東区の
児玉製麺所のもの。ベタついておらず、パラリとした焼き加減で
ソースとの絡み具合も申し分ない。

味の決め手となるソースはというと、どうやらユニオンソース
焼きそばソースを使用しているようだ。
さっぱりとしていながらも、ダシの旨みがしっかりと活きている。
さすがは老舗ソースメーカーのソースである。

デフォルトの味付けはやや薄めなので、濃い目が好みであれば卓上の
ソースをかけて調整すると良いだろう。
ただし、かけ過ぎには注意だ。


具・麺・ソースを絡めて焼き上げることで、焼きそばは完成する
わけだが、焼きという工程は焼きそばにおいて非常に重要なポイントだ。
具・麺・ソースを生かすも殺すも焼き次第であり、焼き手の技量が
問われる部分でもある。
そこは具や麺への火の通し具合からして、この『花家』のおやっさんの
焼きは一流だと言えるだろう。


ワタシとしては東京を代表するご当地焼きそばとして、B-1グランプリに
出場しても恥ずかしくない逸品であると思う。 m9(`・ω・´)シャキーン

━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿

◆店名:『花家』

◆住所:東京都台東区西浅草1-1-18

◆電話:不明

◆営業時間:不明

◆定休日:日曜

※店舗情報は記事掲出時のものにつき、変更になる場合があります。

━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
「ブログ村ランキング」に参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m


人気ブログランキングへ
人気ブログ ランキング」にも参加しております。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m


お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 22:35 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花家の焼きそば、クソ不味いんですけど。D級だと思う。
Posted by akka at 2016年01月01日 07:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。