2009年06月10日

『名前のない餃子屋』(元・がんこラーメン五代目)@三田〜名前はなくとも名物の美味し餃子ここにあり!〜

三田の慶応義塾大学の近くに名前の無い餃子屋がある。
餃子と書かれた暖簾と提灯のみで、看板の類は一切見当たらない。
そして黒で統一された外観。
どこかアンダーグラウンドな雰囲気を醸し出す店だが、間違いなく餃子屋なのだ。

IMG_1808.jpg

色々と調べてみたところ、元々は『がんこ五代目』として営業していたらしい。
しかし、店主の体調不良により一時閉店。
その後、店主の奥さんが餃子屋として営業をし始め、現在に至っているとか。
確かに黒一色で統一された外観は、かつて『がんこラーメン』だったことを偲ばせる。

こじんまりとした店内はカウンター席のみ。
「ジャージャーめん」(700円)も気になったが、今回は看板メニューである
餃子定食」(700円を注文することにした。

店主の奥さん1人で切り盛りしていると思っていたのだが、がんこラーメンの創始者
である一条安雪氏を思わせる風体の店主らしき人物も厨房にいるのが確認できた。
ネットの情報によれば、店主はやはり体調不良で昼の間だけ店に出ているらしい。

昭和を感じさせる店内の雰囲気に和んでいる内に、おまちかねの「餃子定食」が
できあがった。キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

IMG_1804.jpg

主役である焼き餃子6個、多めのご飯の上には昆布の佃煮がのせられていた。
そして、なぜか豚汁がセットになっていて、どこかほのぼのとした印象の「餃子定食」
である。

IMG_1805.jpg

皮から手作りしているという餃子は、ぷっくりコロコロではちきれんばかり。( ゚Д゚)ヒョエー
キツネ色の焼き目が食欲をそそる。(´ρ`)

IMG_1806.jpg

やや厚めの皮に包まれた餡は、たっぷりの挽き肉とニラなどの野菜がギュウギュウ
に詰まったもの。肉団子のようなギュムッとした食感で、モチモチとした厚めの皮との
バランスが上手くとれていて美味い。( ゚Д゚)ウマー

ちなみに、餃子の具としては定番のニンニクは不使用。
そのためニンニク由来のガツンとしたパンチはないものの、挽き肉と野菜類の旨み、
そして皮と餡が織りなす絶妙な食感のバランスで、ニンニクの不在をカバーしていて
箸が止まらなくなる。

ご飯がやや多めなので、餃子とのバランスをとりながら食べないと後半に餃子不足に
陥る場合があるが、昆布の佃煮や卓上のしば漬けという伏兵もいるので安心だ。

汁物である豚汁も餃子に負けず劣らずとっても美味しい。
やや甘めの味わいはワタシ好み。v(^∀^*)
大根や人参などの具もたっぷりと入っているのも嬉しいところだ。

ラーメンだけでなく、餃子フリークでもあるワタシも納得大満足の「餃子定食」だった。

ランチタイム(11時〜14時)のみ「ジャージャーめん」(700円)と「餃子(6個)」(450円)の
セットが900円で食べられるというお得なランチタイム限定のサービスメニューもある。

また夏季限定で「冷やしラーメン」も提供しているらしい。
次回訪問する機会があれば、元『がんこラーメン』を感じられるそのメニューも
注文してみたいところである。

━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━

■店名:なし 通称『名前の無い餃子屋』 『無名の餃子屋』 『名無しの餃子屋』

■住所:東京都港区芝5-25-2

■電話:不明

■営業時間:11時〜14時、17時〜23時ぐらい

■定休日:土・日曜、祝日

※店舗情報は記事掲出時のものにつき、変更になる場合があります。

━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━┿━━

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村
「ブログ村ランキング」に参加してマス。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m


人気ブログランキングへ
「人気ブログ ランキング」にも参加しております。
よろしければ上のバナーをクリックして当ブログに一票を!m(_ _)m


お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 16:28 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子・点心など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。