2019年07月07日

豚骨一燈 アリオ葛西@江戸川区葛西

近所のアリオ葛西内のフードコートにある『豚骨一燈 アリオ葛西』でお昼を。
小岩店には行ったことがあるのですがこちらは初訪問。
とりあえず看板メニューの「濃厚魚介つけめん(830円)」を注文してみました。

呼出ブザーを受け取ってからわずか5分ほどで出来上がりを知らせるブザーが鳴りました。
つけ麺は茹で時間なども含めて出来上がりまで約10分位かかるものだと認識しているのですが、あまりの速さに仰天です。
この調理スピードはフードコート店ならではといったところでしょうか。

LRM_EXPORT_180156638685880_20190707_210828185.jpeg

さてお味ですが、ひとことで言えば万人向けに作られたある意味優等生的な豚骨魚介つけ麺という印象です。

構成としては豚骨由来のまったりとしていて甘みのある濃厚なつけ汁と全粒粉入りのエッジのきいた太麺との組み合わせ。
魚介系の風味は提供直前に入れている魚粉でブーストさせているようです。

LRM_EXPORT_180162124884263_20190707_210833672.jpeg

麺はデフォルトで200gとつけ麺にしてはやや少なめ。

LRM_EXPORT_180168081888636_20190707_210839629.jpeg


LRM_EXPORT_180174803167019_20190707_210846349.jpeg

具は麺に豚バラチャーシューと海苔が添えられ、つけ汁にメンマ、ネギ、柚子皮が入っています。

ひと口食べて「美味しい」と感じられるのですが、麺やつけ汁、具に"手作り感"のようなものが感じられず、言い方は悪いですがスーパーで販売されているチルドのつけ麺のような印象を受けました。

結果的につけ汁の味、麺量、具の構成などをトータルで考えると830円という価格はいささか高いような気がしました。
正直830円出せば都内でもっと美味しいつけ麺やラーメンを食べることができるので…。

 フードコートという場所柄、諸々の経費などを計上しての価格だとは思いますが、価格と見合ったトータル的な満足感を得ることができないのは大きなマイナスポイントです。
またチラッと見えたのですが、つけ汁を提供直前にレンチンしてるのも気になりました。

フードコート店であるとはいえ『一燈』の名を掲げているからには、その名店の名に恥じない味と価格に見合った質とクォリティが欲しいところです。



お役に立ったら拍手を一発!⇒ 拍手する

posted by むねやけ六郎 at 21:13 | 東京 ☔ | Comment(1) | ラーメンとか麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。